アマランサス☆だいあり~

適当だらけパート主婦のあんなことやこんなこと~♪

Entries

京都行って来ました。東福寺編

師走に入ってしまいました
今年もあとわずか。。。

そして京都も最終日のご案内
シリーズもあと2回です。

お付き合いくださいませ♪

帰ってきてから数日後
報道ステーションで、ここ東福寺をライトアップして中継してました。

東福寺は見所がたくさんあるし、特別公開してる場所もあるので
今日はとっても長いです&写真多めです。

ダァ~と流し見してください。

東福寺駅
東福寺駅

東福寺への道

臥雲橋
無料で渡れます。
ここからの眺めもとっても綺麗です。
臥雲橋

橋の途中から見える通天橋
臥雲橋からの通天橋

本堂
本堂

経堂と禅堂
経堂と禅堂

通天橋からの眺め1

ここからは有料となります。
いよいよ通天橋
そこそこ混みあってはいるけど、まだ余裕です。

通天橋からの眺め
向こうに臥雲橋が見えます。
通天橋からの眺め2

この時の紅葉は3分ほどでしょうか。
それでも綺麗でしたよ。
通天橋からの臥龍橋

通天橋の天井

通天橋を渡りきってここから開山堂に入ります。
通天橋から開山堂へ「

開山堂

開山堂庭園

小市松2

庭園内1

赤と緑のコントラストが綺麗です。
庭園の紅葉1

庭園の紅葉2

庭園の紅葉3

庭園の紅葉4

庭園の紅葉5

庭園の紅葉6

三門
三門

方丈から入って八相の庭を見物します。
方丈

東庭(北斗七星の庭)
緑の苔は天の川をイメージしてるとか。
北斗七星の庭

南庭(八海)
南庭 八海1

南庭 八海2

西庭

方丈から通天橋が見えますが、皆反対側を見てるようですね。
こちら側の木々は紅葉がほとんどないからかしらね。
方丈からの通天橋

北庭(井田市松)
この市松模様の庭はたくさん紹介されてますね。
北庭 井田市松

八相の庭を出て次は特別公開されている龍吟庵に行きます。

龍吟庵

このえんげつ橋を渡って向かいます。
龍吟庵の橋

龍吟庵の参道

庫裏
龍吟庵

西庭(龍の庭)
西庭 龍の庭2

龍が海中から黒雲を得て昇天する姿を表現してるそうです。
白砂は海、黒砂は黒雲、竹垣は稲妻を表しています。
西庭 龍の庭1 
東庭(不離の庭)
狼に襲われそうになった横たわっている国師を、2頭の犬が守ってる姿を表してる庭だそうです。
東庭 不離の庭

南庭(無の庭)
木、草一本も用いない簡素な白砂敷きの庭
龍吟庵 南庭

昭和の天才作庭家、重森三玲の手による
名園中の名園とパンフレットに書いてありました。

紅葉で有名な東福寺ですが、このさまざまな庭も他のお寺の庭と少し違って
デザインされた新鋭的な庭と古い歴史ある建物のコラボがかもし出す
不思議な空間だと思いました。

さて、長い東福寺の記事はこれでおしまい。

次は最後の場所、泉涌寺です。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ

ポチッ!と押してくれると嬉しいですっ♪

スポンサーサイト

*Comment

 

以前行ったとき、あの橋の上で写真撮影していました。
モデルさんは若い女の子。
見事な振袖を着ていました。
雑誌の撮影か、成人式の振袖のパンフレットかなと推測♪
  • posted by めえめえ 
  • URL 
  • 2014.12/03 18:40分 
  • [Edit]

コメントありがとう 

めえめえさんへ

あの橋の紅葉をニュースステーションで特別ライトアップして
放送してたんだけど、すごく綺麗だったよ。
京都はどこで撮影しても絵になるからいいよね。
着物の撮影だったらなおさらだね。
  • posted by アマランサス 
  • URL 
  • 2014.12/03 20:43分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ようこそ

CALENDAR

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

アマランサス

Author:アマランサス
ダンナ 
自称作家の娘
社会人の息子
ガテン系事務のパート主婦の気まぐれ更新のブログです♪

記事と関係のないコメントは、削除させていただきます。
ご了承くださいませ~♪

アルバム

最近の記事

右サイドメニュー

モラってタメせる♪

ちょびリッチ

チョッピリ得するかも♪

懸賞・小遣い ちょびリッチ

備えあれば憂いなし

ブログ内検索

お気に入り

ブロとも申請フォーム

星が舞って消える